カードローンと在籍確認

キャッシングは、銀行カードローンの登場により再び脚光を浴びるようになりました。

 

このことは、キャッシングをサービスしていたのが消費者金融であったのに対して、カードローンをサービスするのは大手銀行や大手スーパー、大手インターネット運営業者など、東証1部上場企業は勿論のこと、国内外で知らない人はいないほどの有名企業がカードローンをサービスしていますので、もはやサラ金業者の暗く悪いイメージは無くなってしまっています。

 

アベノミクス経済効果もあり、消費税率の引き上げがあったものの消費活動は顕著に伸びている状況となっています。

 

これにともない、カードローンの新規契約数とカードローンの利用率も伸びているものとなっています。

 

カードローンは、インターネットからの申し込みであれば最短で1時間で契約が出来てしまうほどのスピードキャッシングが可能となっています。

 

カードローンなどのキャッシングは、手軽にお金をかりることができ、しかも無担保・無保証人でお金を借りることが出来、とても便利なものとなります。

 

しかし、カードローンなどのキャッシングの手続きを実際に行った人であれば少なからずとも経験しているかと思いますが、キャッシング契約すると必ず勤め先に偽りがないか電話確認があります。

 

電話による在籍確認は、平日の日中に電話でカードローン申し込み者名の人が実際に所在するかの確認を行ったうえで、審査を行っています。

 

このため、万一、勤め先を偽るような行為があれば審査は却下となってしまいます。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ