カードローンの審査について

消費者金融がサラ金と言われていた頃、サラ金からお金を借りる場合、簡単な書類を書いて運転免許証か保険証を提示するだけで、簡単にお金を借りることができました。

 
ただ、カードローンを利用できる条件があり、基本的に一定の収入があることを条件となっていましたが、実際に何処のサラ金業者も収入を確認することはありませんでした。

 

このため、自分の収入を遙かに超えるお金を借りたり、中には収入が全く無いのにもかかわらずキャッシングを利用していたことも明らかになっています。

 

こうした、お金を借りても返すことが困難となることが最初から分かっており、大体は直ぐさま返済不能に陥り、債務整理となる人を排出することになりました。

 

さらには、サラ金から借りたお金を返すためにまたサラ金からお金を借りるといった借金地獄に陥る人が急増するものとなりました。

 

このため、国においてカードローンに対する規制を強化されるものとなり、貸金業法が制定されるものとなりました。

 

貸金業法では、カードローンを申し込むときに、収入の状況や他の債務について調査することが義務づけられるものとなっています。

 

さらには、本当に申込者が務めているのか確認するための在籍確認を行うことで、審査を行うことが行われるようになっています。

 

信用情報協会は、カードローン利用者のキャッシング履歴などを管理し、延滞などの事故歴のほか多重債務の調査を行っています。

 

信用情報協会は、銀行が加盟する団体や信販会社が加盟する団体、外資系キャッシング会社が加盟する団体があり、各団体機関では情報を交換することで、カードローンでの事故防止を図っています。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ