フリーターは不利なのか?

アルバイトの女性東日本大震災から4年が経過し、東北地方も復興が加速するとともに、国内全体的に景気の回復傾向が見られるようになりました。

 

バブル崩壊以降において市場最悪の就職難が続き、大学を卒業しても就職できない学生が半数以上にのぼるという、最悪の事態が続きました。

 

また、多くの企業が人件費を抑えるため、新規採用を一桁台に減らし、その穴埋めとして契約社員やアルバイトで補うことが行われてきました。

 
雇用側の企業において、契約社員やアルバイトの労働者は、賃金が安い上に雇用保険などの人経費を抑えることが出来るものとなります。

 

さらには非正規労働者の場合、雇用期間が定められているため、業績に応じて人員整理しやすく、すぐに解雇となってしまいます。

 

こうした非正規労働者と呼ばれる派遣社員やアルバイトで働く人は、雇用の不安があるだけでなく、社会地位においても不利益となる傾向にあります。

 

カードローンを利用する場合、貸金業法の規制により収入の3分の1までとして借り入れの制限があるとともに、安定した収入を得ていることが条件となっています。

 

フリーターや派遣社員の場合も、短期で転々と職が変わっている場合は、審査に通りにくくなっています。

 

ですが、1年以上の長期で働いている場合は、カードローンの審査にも通り、お金を借りることは可能です。

 

但し、年収に応じて借りられる金額も決まってきますので、多額の借り入れは難しくなっています。

在籍確認がある場合、派遣社員は派遣元に電話がかかってくる場合が多いので、事前に連絡しておくと良いでしょう。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ