事業者も会社に在籍確認?

ビル近年、我が国だけでなく世界的に見ても回復傾向にあり、各企業の業績が回復するものとなっています。

 

しかし、業績が回復しているのは一部の大手企業のみで、スーパーなどの流通業界やテレビなどの家電業界では依然として厳しい状況になっています。

 

しかも、大手企業の業績の回復には、厳しいコスト削減があり、特に製造業においては1円単位でのコスト削減がなされています。

 

このため、下請けの企業にとっては非常に厳しいものとなっており、仕事があっても生産すると赤字になってしまう事業者もあります。

 

中小企業の事業者にとって、厳しいコスト管理は資金調達のうえでも厳しいものとなっています。

 

大手企業であれば資本金が大きいため、一部を取り崩しても経営には影響ありませんが、中小企業の場合では倒産に陥る危険性もあるのです。

 

事業者にとって事業を継続していくためには、資金調達は欠かせないものとなりますが、売り掛けだけではまかないきれないことが発生してしまいます。

 

このような時は繋ぎ資金などの調達として、銀行融資が一般的な方法となりますが、手続きが非常に面倒なうえに審査が厳しいため、経営難の中小企業には銀行から融資を受けることは簡単なことではありません。

 

そこで、シンキやビジネクストなどの事業者向けカードローンを利用することで、一時的な繋ぎ資金を調達することが出来るものとなっています。

 

事業者向けカードローンでは、一般個人向けカードローンとは異なり、事業計画などを提示する必要があり、在籍確認も必要な場合が多くなっています。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ