在籍確認とは

書類を書く在籍確認と言われて、あまりピンと来ない人も多いかと思います。

 
会社に勤めている人であれば、部長や社長などの役員が会社にいるのか所在を示すものがあるのを知っている人もあるかと思いますが、在籍確認も所在確認と同じものに近いものとなります。

 

在籍確認は、銀行の融資を受けたり消費者金融からカードローンの申し込みを行った時、自分の所得を証明する書類を提出します。

 

また、カードローンなどの融資の申し込みを行うとき、勤め先の名称や住所、所属を書いた記憶があるのではないでしょうか。

 

カードローンの申し込み書類を作成しているとき、所得証明は提出しているのに、どうして勤め先の職場のことを書かないといけないのか疑問に思う人も少なくはありません。

 

カードローンの申し込みに限らず銀行ローンなどの申し込みにおいて、書類に記載することは全て融資の審査に使われるために必要な事項を記入するものとなっています。

 

ローンやキャッシングを申し込むとき、勤め先が大手の有名企業や公務員の場合、審査が受かりやすいのではということが出回っていることがあります。

 

確かに、公務員の場合は身分保障されているため、民間企業のように会社が倒産したり、リストラされることはありません。

 

このため、お金を貸す側も公務員であれば、貸し倒れになる危険性は低くなりますが、いくら公務員であっても自己破産する人は実際にいますので、公務員だからといって審査が受かりやすいことはありません。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ