在籍確認なしで借りたお金の返済は

電球のイラストカードローンなどのキャッシングは、必要な時に手軽にお金を借りることが出来るのですが、カードローンの金利は高いイメージが強くあるため、利用を躊躇う人も少なくはありません。

 

カードローンの金利が高いというイメージは、過去、消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代において、現在のように利息制限法などの規制がありませんでした。

 

このため、金利の設定はサラ金業者が思うままに設定されており、年率で20%から30%の金利が設定されていることが多くありました。

 

中には、悪質なサラ金業者も存在しており、客の足下を見て金利を言い値で設定していたこともあるため、サラ金は高利貸しというレッテルが貼られてしまいました。

 

現在では、貸金業法により利息制限が設けられているため、年率で20%を超える金利の設定は規制の対象となっています。

 

また、金融規制緩和によりカードローンなど多くのキャッシングサービスが増えたため、過当競争になっており、銀行カードローンを中心に桁並み3%から4%台の低金利でのキャッシングも可能となっています。

 

ただ、カードローンを中心に低金利が進むキャッシングですが、安易に利用が出来ることでキャッシングを多用してしまう人が多くなっています。

 

また、高額キャッシングが可能となる中、虚偽の収入や仕事でカードローンを申し込む人もいて、在籍確認による所在確認により審査を強化する方向に進んでいることも事実あります。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ