在籍確認なしのカードローン

電話をする男性カードローンの登場により、より身近となったキャッシングとなっていますが、書類もさほど煩わしくなく、一定の収入があれば誰でもカードローン契約することができます。

 

ただ、必ず勤め先に在籍確認の電話があり、しかも平日の大抵勤務中に電話がかかってきますので、対応に戸惑う人も少なくはありません。

 

就労に厳しい会社では、勤務時間内での私用電話を一切禁止していることがあり、こうした在籍確認もご法度となるケースがあります。

 

また、製造業に勤めている場合、当然生産ラインが稼働している間は持ち場を離れることが出来ないため、在籍確認の電話があったとしても、受付の人が要件を各何して後程本人から折り返しというケースとなってしまいます。

 

このため、近年では電話による在籍確認を見直すことが行われています。

 

大手銀行のカードローンでは、公的な所得証明と市県民税の課税証明をもって就労していることの証明として、在籍確認を省略する手続きとしています。

また、スマートフォンからの申し込みの場合、スマートフォンの契約では就労確認されていることで、キャッシングの在籍確認を省略出来るようになっています。

 

また、国家公務員や地方公務員の場合、勤め先の身分証明書を提示することで、在籍確認は省略されるものとなっています。

 

こうした動きは、民間会社に勤めている場合においても、会社の身分証明書を提示することで、在籍確認しない銀行もありますので、在籍確認の電話がまずい場合は、予め契約時に相談するとよいでしょう。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ