在籍確認の必要性

昭和30年から昭和50年代にかけてサラ金地獄と悪評を謳われていましたサラ金ですが、現在のように収入による貸付制限はありませんでしたので、幾らでもお金を借りることができました。

 

そして、多くのサラ金業者は、お金を返済することができないことがわかると、暴力団の使い走りや麻薬の密売、売春など闇の世界に巻き込んでくるのです。

 

このため、暴力団による貸金業への規制が掛けられると同時に、貸金業法を制定し収入による貸付の制限と多重債務の規制が設けられることになりました。

 

このように、カードローンでお金を借りることは、昔ほど簡単なことではなくなりましたが、収入の条件さえクリアしていれば逆に以前よりも増して簡単にキャッシングを利用出来るようになっています。

 

近年では、銀行ローンの登場により、即日キッャシングが当たり前となりましたので、面倒な書類が簡素化されつつあります。

 

ただ、お金を貸す側としてはサービスの向上を目指す一方、厳格な審査を行うことは必要とされているのが現状となっています。

 

特に収入条件が第一とされる現在のカードローン事情にあっては、お金を借りる人が必要に迫られて、虚偽の収入を申請することもあります。

 

また、就労においても公務員や大手企業に勤めていることを偽って申請する人もあるようです。

 

カードローンに限らずキャッシングの利用にあたって、審査のうえで申請された勤め先に本当に本人が居るのか確認することが行われるようになり、キャッシングの申込時に在籍確認があることを告げられています。

 

ただ、現在ではプロミスモビットのような在籍確認の電話連絡なしでも大丈夫なところもあるようです。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ