学生は学校に在籍確認?

学生近年、パソコンやスマートフォンなどの普及は、私たちの生活に大きく影響を与えるものとなり、ライフスタイルもスマートフォンを主体なしたものとなっています。

 

高校生のスマートフォンの利用に関し、非常に長時間の利用が問題となっていますが、高校生の場合、大抵は親権者の親がスマートフォンの契約をし、使用料なども親が払っているため、使っている高校生にとってはタダで使えている意識が強いのではないでしょうか。

 

こうしたスマートフォンの依存は、大学生になっても変わらないことが多く、高校生の時よりも増して、利用頻度がさらに高くなる傾向となっています。

 

これは、法律により未成年者のスマートフォン利用に対して制限がかけられているのに対して、大学生になると利用制限がなくなるとともに、自分でスマートフォン契約する大学生も多くあります。

 

スマートフォンは、色々なアプリケーションを入れることが出来、非常に便利なツールとなっていますが、中にはアプリケーションや音楽、動画など有料のコンテンツを入れたが為に、スマートフォンの利用料金が数十万円にも及ぶケースが続出しています。

 

このため、アルバイトの収入では対応しきれずに、カードローンによりスマートフォンの利用料を払う学生もいて、経済的にも大きな負担となっています。

 

大学生などの学生がカードローンを利用する場合、20歳以上でアルバイトなどで継続的な収入があれば申し込みが可能です。

 

在籍確認は当然アルバイト先に来るようになっていますが、金融会社は出さず、担当者さんの個人名で電話連絡があるので、心配は不要でしょう。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ