専業主婦は自宅に在籍確認?

専業主婦近年、世界的な規模で女性の地位向上に対する施策などが活発化しています。

 

こうしたことは、女性の社会進出を促すものとなっていますが、結婚してからの家庭との両立において難しい課題も山積しています。

 

このため、必ずしも女性が社会に出て働くことが全てではない意見も多く、子育てや家事も立派な社会活動であり経済活動を担っているものとして考えられるようになっています。

 

また、女性が働く環境は整いつつありますが、子どもを預けるための施設が絶対的に不足しており、少子化の原因になるとと同時に、結局は女性の社会進出を妨げる要因にもなっています。

 

また、女性が会社などで勤めるなど社会進出することは、必ずしも適用するものではなく、専業主婦においても仕事として考えられるようになりました。

 

専業主婦の場合、基本的に配偶者の扶養内に入るものとなり、配偶者の収入は主婦と案分して分けられるものという判決も出されています。

 

ただ、専業主婦としての認知はまだ低いものとなっており、社会的に不利益となる場合があります。

 

例えば、専業主婦がカードローンを利用しようとしたとき、収入条件や就労により安定した収入の条件が満たさないものとなってしまいます。

 

ですが、銀行カードローンでは配偶者に収入があれば、借り入れは可能になっており、電話での在籍確認がある場合、申請したご自分の携帯電話に連絡が来るようになっています。

 

近年では、専業主婦においてもカードローンを利用できる動きにあり、低額キャッシングの場合では在籍確認もなしでカードローンを利用することができるようになっています。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ