貸金業者と消費者金融

金融規制緩和により金融事業の自由化が図られたことにより、金融業界は大きく様変わりしています。

 

キャッシングにおいても、金融規制緩和の影響を大きく受けるものとなり、一昔はサラ金業者こと消費者金融が独占的にキャッシングをサービスしていました。
現在では、カードローンを主体とする銀行やスーパーなどの流通業界、インターネット業界など多くの業界からキャッシングサービスに参入してきています。

 

キャッシングをサービスする会社は、現在大きく分けて、金融業と流通業、IT業の3業種が中心となっています。
金融業のキャッシングは、銀行と消費者金融の2種類に分けられています。

 

金融規制緩和以前では、キャッシングをサービスするのは消費者金融のみでしたが、金融規制緩和以降、弱体した消費者金融の多くは銀行に吸収されるものとなり、大手消費者金融の多くは銀行グループの傘下に入ることになりました。

 

銀行がサービスするキャッシングは、カードローンによるキャッシングとなっていますが、消費者金融も同様にカードローンにサービスが移行されています。

 

カードローンによるキャッシングは、銀行などの金融機関だけでなく、イオンやイトーヨーカドなどの流通業からもサービスされています。

 

イオンなどのカードローンは、ショッピングセンター内でのキャッシングを利用出来るように配慮されており、主婦層に人気のカードローンとなっています。

 

また、楽天やソニーなどのIT業界からもカードローンがサービスされており、ネットショップ利用者の多くがカードローンを利用しています。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ